小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
小金井市医師会について

会長挨拶

小金井市医師会ホームページにようこそ!

お気づきでしょうか?小金井市医師会のロゴマークが新しく出来ました。風車の様なマークです。緑は、緑豊かな小金井市を、3つの羽は、小金井市民の皆様・小金井市役所・小金井市医師会をイメージしています。このロゴマークを見たら、小金井市医師会を思い出して頂けるようにしたいと思います。

当医師会は、昭和18年の北多摩医師会小金井支部から始まり、任意団体を経て昭和49年3月に法人格を取得し、以来43年の歴史が有ります。現在、74の医療機関・約140名の会員が所属しており、各医療機関で診療に従事しています。会員は、日常診療の他にも各種がん検診・特定健診等の検診・健診事業、乳幼児・児童生徒・成人の各種予防接種、市内の園児・児童生徒の健康診断(園医・学校医)、成人健康相談及び休日診療・休日準夜診療を行っています。また、小金井市報に『健康メモ』と言う形で、会員による情報提供を行っています。(過去の健康メモは、医師会ホームページでアーカイブとしてご覧いただけます。)

日本は、世界に類をみない超高齢化社会を迎えています。団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて、国の施策である『介護・医療・予防・住まい・生活支援』の五つを柱とした『地域包括ケアシステム』を構築して行かなければなりませんが、自助・互助・共助・公助と言われる様に、市民の皆様と行政・医療及び介護に関わる諸団体と共に力を合わせなければ実現する事は出来ません。皆様の御協力をお願い致します。

現在の小金井市医師会があるのは、先輩医師達の努力の賜物であると感謝いたします。これからも小金井市医師会は、関係各位と連携して市民の皆様の健康維持・増進に取り組んで行く所存です。

小金井市医師会 会長 穂坂 英明

小金井市医師会 アクセス

名 称 一般社団法人 小金井市医師会
TEL 042-381-8533
住 所 〒184-0004 東京都小金井市本町1-3-3
地 図

役員名簿

会 長 穂坂 英明
副会長 山﨑 博臣
小松 淳二
(担当理事)
公衆衛生 小林 久滋
地域包括ケア 斎藤 寛和
社会福祉 三澤 多真子
学校保健 宮本 諭
社会保険 瀬口 秀孝
学術 原﨑 一浩
庶務 西野 裕仁
経理・広報 田中 功一
監事 宮本 誠
丸茂 恒二

小金井市医師会の事業・活動

1. はじめに

 小金井市医師会は、それまで所属していた北多摩医師会からの独立を果たし、公益法人改革に伴い平成25年に非営利型一般社団法人として新たなスタートを切りました。医師会に所属する医療機関は平成28年度の段階で約75を数え、会員数は約140人となっています。
 医師会の事業・活動として、一つには市との契約事業があり、それには各種健康診断、予防接種、がん検診、成人健康相談、健康講演会、休日・準夜診療などがあります。
 その他の事業・活動として、学校保健、老人会講話会、市報「健康メモ」、医師会ホームページ作成、災害発生時の医療救護活動などがあります。
 そのうち、ここでは市民の皆様に特に関係の深い、健診・検診と予防接種、学校保健についてご案内します。

2. 健診・検診/予防接種

特定健診:
小金井市国保特定健診、後期高齢者健診、フォロー健診、肝炎ウイルス検診、社会保険・組合国保特定健診、特定健診眼底検査
がん検診:
子宮頸がん・体がん検診、乳がん検診(視触診25-39歳)、大腸がん検診(一次・精密)
予防接種:
四種混合、不活化ポリオ、二種混合、麻しん風しん混合、麻しん、 風しん、水痘、日本脳炎、小児用肺炎球菌、ヒブ、子宮頸がん、B型肝炎、高齢者肺炎球菌、高齢者インフルエンザ、成人風しん

(予防接種スケジュールの例)
・NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会 http://www.know-vpd.jp/
 スケジュール表 http://www.know-vpd.jp/dl/schedule_age7.pdf
・詳しくは日本小児科学会 http://www.jpeds.or.jp/modules/general/index.php?content_id=9
 の表もご参照ください。 http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/vaccine_schedule.pdf

※実際に接種する際は、必ず接種するかかりつけ医とご相談・確認をしてください。

その他:
妊婦健診、乳児健診(6-7か月・9-10か月)、1歳6か月児健診、3歳児健診

3. 学校保健

 小金井市内の小・中・高校および大学などの学校医、幼稚園・子供園・保育園の園医として、定期健康診断、水泳の保健指導、就学時健康診断(小学校医)、学校保健委員会への出席、学級閉鎖をはじめ学校内の医学的諸問題への対応などを通じて、生徒・児童・園児等の健康を支える活動をしています。

救急相談センター
救急受信ガイド
健康メモ
お問合せ