小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
お知らせ

【2008/08/01】 熱中症について

小金井市報掲載: 平成20年8月1日号 ( くろだ内科クリニック: 畔田 浩明 )

 

人間の体温は脳の視床下部によってコントロールされ、高温下では、末梢血管の拡張による皮膚からの熱放出と、汗の蒸発に伴って熱が奪われることにより、体温を一定に保とうとしています。
汗によって体から水分や塩分が失われた場台、適切に対処されなければ、筋肉のけいれんや失神を起こします。熱の産生と熱の放出のバランスが崩れると体温が上昇し、熱中症が引き起こされます。
重症化すると、脳神経の障害(意識障害、興奮、異常行動などの中枢神経症状が生じる)、肝臓・腎臓等内臓の障害などが起こり、極めて危険な状態になります。
高温、多湿、風が弱いなどの環境では体から外気への熱放散が減少し、汗の蒸発も不十分となります。
激しい労働や運動は、体内に著しい熱が産生され、また、暑い環境に体が十分に対応できていない状態では体内に熱がたまることになります。これらは、熱中症を引き起こすきっかけになります。
暑さへの憤れが関係し、急に暑くなったときは要注意です。急に暑くなったときには運動を軽減し、暑さに憤れるまでの数日間は軽い運動から徐々に増やすようにするとよいでしょう。
暑いときの作業や運動は要注意で、休息や水分補給の計画が必要です。汗からは水分と同時に塩分も失われるため、水分補給にはO・2%程度の食塩水が適当とされています。
市販のスポーツドリンクを利用するとよいでしょう。暑いときの衣服は軽装にし、吸湿性や通気性のよいものにし、外出時には帽子を着用するとよいでしょう。