小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
お知らせ

【2008/01/01】 眼とアンチエイジング

小金井市報掲載: 平成20年1月1日号 ( 梶尾眼科科: 梶尾 髙根 )

 

高齢化時代は予想以上に速いスピードでやってきました。
最近、抗加齢化(アンチエイジング)という言葉が盛んに使われています。いろいろな分野で使われますが、老化を成功させる、すなわち健康を維持して豊かな人生を実現させることを意昧します。

自然の老化はしかたがないとしても、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病(メタポリックシンドローム)によるいろいろな障害は老化の成功の妨げとなります。
これからは、病気の治療よりも予防に重きが置かれます。老化を成功させるために大切なこととして、失明予防を考えましょう。
加齢に関係する眼の病気に、白内障、緑内障、糖尿病性網膜症・加齢性黄斑変性症、動脈硬化による出血などがあります。緑内障と糖尿病性網膜症は、早期発見と早期治療によって失明を予防することができます。
糖尿病の方は、定期的に眼底検査を受けて、眼底出血の有無を確認しましょう。
緑内障は、視神経が障害されて、視力や視野に異常が出る病気ですが、初めは自覚症状がなく、眼底検査から発見されることが多いので、眼の健康診断が大切です。
緑内障と診断されたら定期的に眼科を受診して、適切な指導を受けてください。
糖尿病も緑内障も放置して治療が遅れると人生の中途で失明することになりかねません。健康診断を受けて、学んだことを実践することにより、眼の健康を維持して、老化を成功させましよう。