小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
お知らせ

【2007/12/01】 閉塞らない(?)話

小金井市報掲載: 平成19年12月1日号 ( 前原診療所: 穂坂 英明 )

 

心臓病、特に狭心症心筋梗塞および脳梗塞などの病気が多くなる季節です。血管が狭くなったり、詰まったりしやすい時斯です。また血圧が高くなり脳出血も多くなります。私は大丈夫、などと油断は禁物です。
血管の病気の焼酎は、高血圧・糖尿病・高脂皿症(最近は、脂質異常症と呼ばれています)、今話題のメタポリック症候群です。他の誘因として、肥満・喫煙・家族歴があります。これらの因子を数多く持っている人は動脈硬化が進みやすく、その結果動脈の内径が細くなり、時には閉塞します。動脈の閉塞が心臓の冠状動脈に起これば心筋梗塞、脳血管に起これば脳梗塞です。
詰まらないようにするのは、どうしたらよいのか。まずは、病気にならないように、日ごろから健康に注意する。食事の塩分量とカロリーに注意し、適当な運動を定斯的に行い、それを継続することが大事です。身長に見合った体重の維持、高血圧・糖尿病・脂質異常症等があれば、生活習慣を変える必要があります。
場合によっては薬が必要となります。よく「薬を始めると一生続けなければいけないから、飲みたくない」と言われる方がいますが、それは間違いです。日ごろの生活習慣を変えることで、血圧や血糖のコントロ-ルは可能です。肥満傾向の方は減量をして、適正体重になるよう心がけ、塩分の多い食事をされている人は、減塩をすることにより薬を減量・中止することができます。減塩も「薄味もいけるけど、結局おかわり」ではなく味は同じでも量を減らすことが大切です。