小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
お知らせ

【2018/05/29】 予防接種を受けましょう

小金井市報掲載: 平成30年6月1日号 ( くろだ内科医院: 畔田浩 )

 

 細菌やウイルスなどによって起こる感染症は、人の健康を害し、寿命に影響してきました。抗生物質の発見で細菌の感染症の治療ができるようになりましたが、ウイルス感染には効果がなく、抗ウイルス剤が待たれています。今インフルエンザ、水痘など一部のウイルスに有効な抗ウイルス剤はできましたが、多くのウイルスに対するものはまだです。感染症に対する治療薬があっても、100%効果があるわけではなく、また発病から治るまでのつらい闘病期間があります。
 予防接種ワクチンはこれら感染症を予防することができます。お子さんのワクチン接種は生後2か月から始まります。自己負担のない公費で受けられるものと、私費で受けるものがあります。かかりつけの医師と相談してください。今は1回に複数種のワクチン接種ができます。一度に多くのワクチンを接種することにより接種期間が短縮でき、お子さんは有効な予防効果のある免疫を早く獲得することができます。日本小児科学会でもこの方法が推奨されています。
 昭和50年代に、安全性の高いワクチンに変更するために、今の三種混合ワクチン接種が数年間中止されたことがありました。そのために、それまでほとんど見ることのなかった百日咳が大勢発生し、多くのお子さんが犠牲になりました。ワクチンが再開されてからは間もなく治まりました。この様に予防接種は大変有効な病気の予防法です。
 大人の肺炎球菌ワクチン、毎年接種するインフルエンザワクチンも受けた方がよいと思います。