小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
お知らせ

【2015/07/03】 熱中症について

小金井市報掲載: 平成27年7月1日号 ( 石川クリニック: 石川 裕之 )

 

 高温多湿なこの時期、熱中症警報が出される危険な季節になってきました。
 熱中症とは、暑さ等による体の障害の総称です。体温上昇を伴わない日射病等と、著明な体温上昇を伴う熱射病等に分類されます。体温上昇が著明であれば、循環血液量の減少や塩分の欠乏した脱水が強く、多くの内臓の障害が出てきて、死亡することもあります。
 ちょっとした体の水分量の変化で急変しやすい乳幼児や高齢者はこの時期注意が必要です。乳幼児は遊びに熱中すると汗が出ていても症状に気付かずに遊びを続けて、帰ってきてぐったりしたりすることもあります。また、高齢者は乾いた感覚が鈍く、夜間に体調の変化が出現し、朝発見された時点では手遅れということも見られます。
 熱中症の予防には、高温多湿で熱中症警報が出ている時は外での運動は避けて、水分を摂取しながら涼しいところにいること、通常も疲れが残らないように睡眠を十分にとるようにすること、当然、睡眠時の適度の冷房の使用も必要です。
 もし熱中症になった時には、意識がはっきりしていて体温上昇もないようなら、まず涼しいところに横にして、スポーツドリンクなどを取らせて経過をみましょう。それでも改善しないようなら、医療機関に相談してください。意識がはっきりしない場合や、頭痛が激しい、体温が38度以上もある時は、涼しいところに横にすると同時に体を冷やしながら、救急車をすぐに呼んでください。