小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
お知らせ

【2009/12/01】 心臓の病気のはなし

小金井市報掲載: 平成21年12月1日号 ( 桜町病院: 瀬口 秀孝 )

 

寒い季節になりました。心筋梗塞や心不全等の心臓の病気は寒い季節に起こりやすくなります。温度の変化が良くありません。トイレ、浴室、脱衣場等の温度変化の大きいところは、暖房などで温度変化を少なくするように心がけてください。
外出時には、温度を調整できるように衣類に気を付けてください。病気になるといろいろな症状がでますが、症状と病気の重さが比例しないこともあります。 
急性心筋梗塞という病気は胸の強い痛みが特徴といわれていますが必ずしもいつもそうとはかぎりません。痛みが弱かったり、胸の痛みはなくて、左肩や左腕やお腹が痛かったりすることもあります。
また、めまい、元気がない、食欲がない等が唯一の症状のこともあります。特に、高齢の方、糖尿病のある方等では症状があまりないか、あっても軽いことが多いようです。
症状が軽くても心臓に起こっていることは同じで、生命にかかわる重大な病気です。何かいつもと違う症状を感じたら、軽い症状でも自分で判断せずに、早めにかかりつけの先生に相談すると良いと思います。
糖尿病、コレステロールの異常、尿酸の異常、血圧の異常なども心臓の病気にかかわる重篤な病気ですが、これらの病気は基本的には症状がありません。症状はなくても体の中では着実に動脈硬化が進んでいきます。
健康診断等で異常を指摘されたら、症状がなくてもほっておかずにきちんと管理するようにしましょう。小さな異常に気をつけて、大きな異常が予防できれば良いと思います。