小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
お知らせ

【2021/01/01】 会話エチケット

小金井市報掲載: 令和3年1月1日号 ( 山﨑内科医院:山﨑 博臣 )

 あけましておめでとうございます。
 新型コロナウイルス感染症が終息せず、持続しています。しかし流行当初と比べていろいろなことがわかってきました。インフルエンザと同様に手洗い、咳エチケットが重要なことは言うまでもありません。インフルエンザと異なり、会話による飛沫により感染すること、発症2日くらい前から感染力があることが重要です。会話による飛沫感染を避けるために屋内または屋外でも人が密集する場所ではマスクを着用することが感染予防に有効とされています。逆に屋外の場合はしゃべらないのであればあえてマスクはする必要ないと考えていいということになります。三密の場所にいなければならないときはできるだけしゃべらない、長時間いない、マスクをするということが大切です。マスクが出来ない人はしゃべらないことが重要になります。
 屋内でマスクなしで会話する状況はできるだけ避ける必要があります。しかし飲食の時は皆、マスクをはずしますし、会話をします。それをしないというのは無理な話です。
 飲食店に行きますと気になることがあります。大きな声でしゃべりながら飲食している方がいることです。お酒が入るとどうしても声が大きくなります。トーンを少し抑えて話し、正面に向かって話さないということを意識するだけで感染リスクはかなり減ると思います。これを私は会話エチケットと呼んでいます。真正面に座らないようにするのも一つの方法と思います。