小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
お知らせ

【2017/03/31】 新学期の体調管理について

小金井市報掲載: 平成29年4月1日号 ( 東小金井駅前こどもクリニック: 道下 崇史 )

 

【疲れをためないコツ】
 新学期が始まるこの時期、保育園や幼稚園への入園、小学校入学など、生活環境が大きく変わるお子さんも多いかと思います。4月からお子さんが保育園に通い始める場合は、間もなくお母さん自身のお仕事への本格復帰も始まりますね。
 それに伴い、お子さんも毎日の通園・通学で疲労がたまり、風邪を引きやすくなったり、発熱することが多くなってきます。ここで、注意していただきたいことは、「週末や休日に無理をしない」ことです。
 平日、毎日保育園・小学校に通うのに加え、土日にも遠出となると、お子さんは体を休めることができません。体力を消耗する結果、翌週には体調を崩す、という悪循環に陥ってしまいます。特に保育園に行き始めのお子さんの場合は、お休みの日は意識して休養を取るように心掛けてください。大好きなお父さん、お母さんと一緒に過ごせれば、ご自宅や近くの公園でもお子さんはきっと喜んでくれると思います。
【予防接種で防げる感染症(VPD)】
 集団生活に入るのに合わせて、予防接種で防げる感染症(VPD)については、ぜひ予防したいところです。1歳から接種可能となるMR(麻疹・風疹)ワクチン、水痘ワクチン、おたふくかぜワクチンは早めに打つようにしましょう。また、幼稚園や保育園の年長の学年のお子さんは、4月から翌年の3月までの間にMRワクチンの2回目の定期接種がありますので、お忘れのないようお願いします。