小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
お知らせ

【2016/07/04】 アロマセラピーをご存じですか?

小金井市報掲載: 平成28年7月1日号 ( 小金井婦人科クリニック: 岡宮 久明 )

 

 最近、植物が持つ香りや様々な働きが、健康に役立つと言われています。植物の香りには、天然の化学成分が含まれており、体の様々な症状に穏やかに作用します。アロマセラピーは植物の香りや成分を抽出した精油(エッセンシャルオイル)により、心身のトラブルを解消する「芳香療法」とも言われております。
 香りの成分は鼻から取り込まれ、嗅神経を介して、本能や情動を司る大脳辺縁系、自律神経やホルモン、免疫を調整する視床下部へと伝わります。香りを嗅ぐと、自分でも意識しないうちに感情が変化したり、体調に変化が現れることがあるのです。
 アロマセラピーに使用する精油には300種類以上あり、個々に様々な効果がありますが、最も大切なことは、その時々の気分に合わせて自分が「いいな」と思う香りを選ぶことです。以前、産後に入院中のお母さん方へアロマセラピーマッサージを行ったことがあります。20種類ほどの香りの中から、好きな香りを選んでもらいました。ラベンダーやゼラニウムを選ばれる方が多く、結果、リラックス効果があっただけではなく、母乳分泌量の増加した方が多数いらっしゃり、精油の相乗効果がみられたことがあります。実は自分が心地良いと感じる香りは、その時の自分に必要な効能の精油だということも多いのです。あまり考えすぎず、その時に好きな香りを楽しむということが、アロマセラピーの効果を最も発揮できる秘訣です。専門店にはアロマセラピストが常駐していますので精油の相談や使用方法を相談されると良いでしょう。