小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
お知らせ

【2014/06/01】 便秘について

小金井市報掲載: 平成26年6月1日号 ( うちやまクリニック: 内山 雅之 )

 

便秘とは3日以上排便がない状態で、不快な症状があり日常生活に支障がある場合をいいます。 快食・快便は、気持ちがいいだけでなく、健康の源です。
便秘の原因として考えられるのは、便意を我慢したり、ダイエットをしたり、 不規則な食生活を続けることから食物繊維が不足し、便が硬くなったり少なくなったりすることなどがあげられます。
便秘の予防としては、規則正しく食べること、水分を十分にとることも快便につながります。 食物繊維は水分を吸収して便を軟らかくし、便の量を増やしてくれます。 適量の油を使って調理をすれば、油が腸での潤滑油となり便を出やすくしてくれます。 野菜の繊維は細かく刻んでも栄養効果は変わらないので、食べやすい工夫をするのもよいでしょう。 酸味のある食品、香辛料を使った食品も腸に刺激を与え、排便に効果的です。 また、適量のアルコールも腸の刺激になり便通をよくしてくれます。
しかし、どうしても排便のコントロールがうまくいかない時には下剤を使用します。 下剤には、水分の吸収をおさえて腸の内容物を多くするもの(膨張型)、腸の粘膜を刺激して腸の働きを促進するもの(刺激型) があります。どの薬にも強さ・習慣性・副作用などに違いがあるため、専門医に相談しながら使用するとよいでしょう。 しかし、下剤はあくまで対症療法ですので、食事を改善し、運動不足を解消し、便意を我慢せずに規則正しい排便リズム をつくることが基本です。