小金井市医師会の公式ホームページです。小金井市内の目的の医療機関がお探しいただけます。

会員専用ページ
お知らせ

【2012/10/01】 不活化ポリオワクチンについて

小金井市報掲載: 平成24年10月1日号 ( 佐藤クリニック: 佐藤 仁 )

 

 今年9月よりポリオワクチンが不活化へ変更になりました。
 不活化ワクチンは、ポリオウィルスを不活化し、免疫を作るのに必要な成分を取り出して病原性を無くしてつくったものです。ウィルスとしての働きはないので、ポリオと同様の症状が出たり二次感染する心配はなくなりました。
 不活化ポリオワクチンは注射による接種で、各医療機関での個別接種となり、通年接種が可能です。接種年齢、回数、間隔は三種混合ワクチンと同じです。初回接種として3回、追加接種として1回、合計4回の接種が必要です。
 海外などですでに不活化ポリオワクチンを数回受けた方は、医師の判断と保護者の同意に基づき残りの回数を定期接種として受けることができます。
 生ポリオワクチンをすでに2回受けた方は、不活化ポリオワクチンの接種は不要です。1回のみ受けた方は、不活化ポリオワクチンを3回接種する必要があります。
なお、三種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンを組み合わせた四種混合ワクチンが今後導入される予定ですが、それまで待たずに、生後3か月を過ぎたらできるだけ早く三種混合ワクチンを受けるようにしましょう。乳児が百日せきにかかると重症化する危険性があります。
 生後3か月を過ぎたら、三種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンの接種を早めに受けましょう。